カラフトマス 2009


キャンプ場で出会ったキャンパーの方と早朝に「おはようございます」の挨拶からはじまり、
お話をすると、ルアー、フライで釣りをされるとのこと、

で何気にフライフィッシングでカラフトマスを狙うなら・・・
と規制のない流れ込みを教えていただきました。

「ここの河口はフライフィッシャーが多いので気楽に釣りができるのでは」

行って見ると、確かにほぼフライフィシャー。
d0127888_22134614.jpg

波が少し高め、
カラフトマスの数も少なめ、大きな群れではなさそう、
15ft#7/8、ラインはスカジット500gr
波が高めなのでティップは・・・

d0127888_2232229.jpg








カラフトマス・ピンクサーモン、

サクラマスもですが、
サケなのになぜマスと呼ばれるのか、

ピンクサーモンと呼ばれるのは体色が赤みがかって遠目にピンクっぽく見えるからかな?
と思っていたのですが、肉の色からきた名称だそう。

d0127888_22365929.jpg

d0127888_22362014.jpg

産卵体制に入ると雄は背中がセッパリ、口も大きく尖って、鋭い形相に、
写真を見た女の子は、
「いかにもサーモンって感じでカッコイイ」
「銀色のは鮭、塩鮭?って感じ~」

d0127888_22364444.jpg



ピンクのフライがお好きなようです。
d0127888_031995.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2009-09-03 00:20
<< 久しぶりの渓流 オホーツク釣行 >>