イントルーダー ・ ダーティーフォー ・ スクィドロ  Ⅱ

d0127888_13163066.jpg


ソロソロ解禁も近くなってきていますが、
タイイングしているフライは季節外れのフライ達。

サーモン用の赤いイントルーダー。


以前の遠征用のフライボックスをチェックしていて思い出したのですが、
イントルーダーとゾンカーを組み合わせて使っていたこともありました。

d0127888_13171017.jpg


イントルーダーなどのトレーラータイプフライは、
別のフライと組み合わせて使うことも可能。

フライ全体のサイズとしては大きくなりますので、
活性の高いフレッシュな遡上魚にはアピール力が増して効果的。


d0127888_13165271.jpg



チューブタイプのフライは
リーダーの先にフックのみを結ぶか、
マテリアルの付いたフック?を結ぶか・・・

d0127888_13174053.jpg


d0127888_1318667.jpg


タイイング当初から、カラーバランスや大きさなどを考慮してタイイングしておくと、
ボディーとテールの組み合わせでバリエーションが楽しめます、

d0127888_13345314.jpg




d0127888_13194821.jpg


色の組み合わせが変わると印象も違ってきて魚へのアピール度も変わる、かも??


d0127888_1320532.jpg




d0127888_1338488.jpg




d0127888_15143645.jpg


組み合わせによっては、こんな大きなフライになります。
メーター越えのイトウ、キングサーモン狙いに・・・

ただ、大きなフライを2個投げることになるので、
それなりのタックルでないと投げられないかも!

d0127888_1443525.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2013-02-18 14:57 | Fly Fishing
<< チューブフライⅢ /ボトルチューブ エドワード・スタイケン 写真展 >>