Steelhead


釣れてしまったスティールヘッド・・・・

カムチャッカへの釣行を決める時、友人のTakeちゃんが
「スティールヘッドも生息してるんだよ!レッドデータ禁漁魚種だけどね、スティールか!釣りたいよね~」
「Ryoさんイントルーダー持っていかなきゃ、レアだよレアー!!」
たしかMatt Suzukiさんのイントルーダーのタイイング記事がフライフィッシャーに掲載されて、私もその記事を参考にして数本のイントルーダーを巻き上げた頃でした。
スティールヘッドに対する漠然とした思いはずいぶん前からあったのです、しかしなかなか実現できずにいました。
昨年の秋には友人のFから「トンプソン行かない!」と誘いがあったのですがロシアのクフトゥイ河への釣行の後だったので断念しました。トンプソンは濁っていたそうです・・・
スティールヘッドは夢の中の魚です・・・・

d0127888_16512926.jpg


ボートで上流に移動し、開けた河原に下ろされました。
流れを見た時になにか予感めいた感情が湧き上がりました、フリーストーンぽい流れで、上流といっても、河口からそれほど距離があるわけでもないのですが、下流域の砂底と違っって底石があり、カムチャッカレインボーかシーマ(サクラマス)の良型が出るかもしれない・・・
流れが速いのでガイドラインのパワーテーパー、インタミボディにT-14を4メートルそして20ポンドのフロロを一ひろ程、フライをなぜかアルミチューブに巻いたライトグリーンのイントルーダーに交換しました。
流れの頭からステップダウンで下り、Gルーミス、ローリングリバー17’の反発力を使い、スナップ気味のダブルスペイでフライを対岸に飛ばします。
流れに乗せてフライを底に送り込み、スイングさせます。
30メートルほど下っていくとトラウトがいたら絶対に付いているだろう絶好の流れにフライが入りました。
ライトグリーンのイントルーダーがターンして慎重にリトリーブを始めようとした、その時、不意にキタのです。
予想していなかった相手が・・・


Fishing Travel notes


d0127888_8371895.jpg

d0127888_836843.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2007-09-27 15:16 | ロシア釣行
<< シーマ (サクラマス) The Bamboo Rod ... >>