サーモンフィッシング・北海道・オホーツク・チャムサーモン

北海道への釣行は今年3回目になります。
今回のメンバーはTakeちゃんと三男と私の三人の釣りバカトリオです。
三人とも9月に北海道へ行ったばかりなのですが・・・
「エ~また行くの、バッカじゃないの~」って冷たい視線を背中に感じながらの旅立ちでした。
空港は女満別でしたのでオホーツク海を網走から南下しながらサーフでのサーモンフィッシングを堪能してきました。

d0127888_9133515.jpg

朝の光のなかでキャスティングをするTakeちゃん。
この時、釣りの神様が降臨されたようです(笑)・・・

d0127888_9125284.jpg

網走から海沿いに目ぼしいポイントを見ながら南下して9月にTakeちゃん達が良い釣りをした浜へ・・・
釣り人も少なくサーモンはいないのかな~と思いつつロッドを接いでキャストをはじめました。
Takeちゃんが何か見つけたのか手招きして呼んでいるので行って見ると、水面に多数の鰭が見えます。
波のなかには魚体がシルエットになっています、かなりのサーモンが入っているようです。
この後、Takeちゃんの爆釣モードにスイッチが入ります。
d0127888_915638.jpg

この満面の笑みがすべてを語っています、チャムサーモンの群れが入っていました、波もほどほどでちょうど良い具合、立ちこんだ後ろにも群れが回ってきます、釣り人も少なくて、思いっきりキャストしての爆釣です。
なかなか出会えないチャンスに遭遇したようです・・・
d0127888_9214593.jpg


d0127888_9113831.jpg

釣りまくるTakeちゃん、このお方、情報収集能力に優れ、釣り場の見切りがまた鋭くって、私達を魚のいるポイントへ連れて行ってくれます。
d0127888_9251932.jpg


d0127888_9105479.jpg

今回の釣行でキャッチしたチャムサーモンに変体過程の魚体が混ざりました。
先月はカラフトマスの釣りで、今回はチャムで・・・少しの驚きと感動がありました。
そのあたりも経験を重ねて数を釣ることで見えてくるのでしょうね。
d0127888_982822.jpg

メインのタックルはロッドがCND・Thompson Specialist 16’7” #10/11/12 、ラインはプレトリコ#10/11の先端4メートルをカットしてチェンジャブルティップに改造したものです、今回はティップをクリアーのインターミ4,5メートルに交換しています。
リーダーは自作のもので、ティペットにフロロの20ポンドを一ひろ程に15ポンドを+α、普段スペイキャストの練習に使っているタックルです。
チョットヘビーかなとも思いましたが、80センチクラスの体高のある魚を相手にするには良い感じで、安心してやり取りできました。
国内だとなかなか実釣に使う条件も少ないので良い機会でした。
フライは赤いゾンカーのバリエーションです。
d0127888_973251.jpg

今回、ライトタックルも試してみました、ロッドはビューラ11ft6in#6/7に
ウインドカッター#5/6のフローティングラインです。60~70センチクラスはキャッチできました・・・スレ掛かりはロッドへの負担も大きいのでラインを直接手で持って手繰り寄せましたが・・・

d0127888_951122.jpg


d0127888_931793.jpg

ピカピカのシルバーメタリックの魚体も数匹釣ることができました。
d0127888_924492.jpg

サーモンフィッシングは釣れる時期が限られています。
シーズンに一回程度の釣行では満足に釣れなかったりすることもあるので、正直なところなかなか釣りのプロセスも見え難い部分がありました。というより経験不足で確信が持てないことが多いため迷路に嵌ってしまいます。(苦笑)
また人の言うことも様々で更に迷わされたりもしますし・・・
自分なりの釣り方に確信を持てるまでにはイロイロな試行錯誤が必要ですね、時間がかかりましたが少し見えてきた気がします。


スペイロッド、スペイキャストに興味のある方はSpey Bros
[PR]
by B-R-Bros | 2007-10-12 09:44
<< 屈斜路湖のBig Rainbow シルバーサーモン >>