カムチャッカ釣行2008・Ⅲ フィッシング 1日目


d0127888_12374712.jpg


朝、テントで目を覚ますと外が騒がしい様子。
みんな気合が入っているようで、すでに仕度を整えて釣りに出た人もいるようです。
基本的には4~5人でボートに乗ってポイントを移動するのですが、
一応初日ということで気合充分ですから、ガイドがボートを出す前にキャンプ近くのポイントで釣り始めたよう・・・
我々も朝食はそこそこに、
「どこに入る?」
「Mu~bokuwa furenchi pointokana?」(ローマ字です)

「フレンチポイントって、去年ラフェイさんが良く釣っていたポイントのこと?」
「soudesune.Ryosanwa dokogaii?」
「俺はどこでもOKよ!」
ステファンは昨年良い釣りをしたフレンチポイントに入りたい様子。
とりあえずボートでステファンのお気に入りポイントに移動して・・・

「オーイ、待ってくれよ~」
みんな前のめりだな!まあ行き先は察しがつくけどね。
Takeちゃんは去年メートルクラスのキングをバラしてるから、気になってみんなと下のポイントへ一目散、
とりあえずは様子見かな。
ルアーチームも当然気になってるだろうからバッティングだね?
d0127888_1347147.jpg

               
d0127888_1239894.jpg


私がロッドにラインを通してセットアップしている間に
フライロッドからルアーロッドに持ち替えたステファンにファーストヒット。

「furaidewa nandonagetemo hittosimasenne.pu~n ,pu~n.
demo rua-wa wankyasuto de hittosimasita! furaiwa muzukasiidesune.」
「demo furaide tsuritaine」  お茶目で陽気なフランス人です。
「ナイスフィッシュ!やったね、おめでとう」

最初の一匹は重要ですからね~
d0127888_1239307.jpg

後方でルアーを投げていたチャック氏にもヒット・・・
他にM氏とK氏、4人がルアーを投げているので、
私は退散して下流のポイントへ移動。

アレ~誰もいないジャン、ここもイイのに、
独り占めかい、  イッヒッヒ・・・
d0127888_1349323.jpg


「フライはどれにしようかな?」
手に取ったのは、
昨年カムチャッカから帰ってモチベーションが下がらないうちに巻いた赤いイントゥリューダー、
今回持参したフライの中でも特大サイズ、
ここで使わないで何処で使うのってフライ。

しかし大きなフライは空気抵抗も大きいのでキャストも手こずりますね。

2投目のスイングで、でかい真っ赤なイントゥリューダーが押さえ込まれた感触。

「フィッーシュ」

ア、誰もいないんだ・・・
「結構強いぞ、オーヤバイヨ~走るな~~、ドラック締めなきゃ ヨーシッ」
それでもラインが出て行く、出て行く・・・
ポンピングしてラインを巻き取り、また走られて、
「ウッォーサイコ~」

ここは、そうだよ、去年ルーミスのローリングリバーを折ったポイントだよ。

ロッドティップを曲げ過ぎないように注意して、
寄ってきたところで後ずさりして魚の頭を岸に上げて・・・
ランディング成功!

ヤッター!ナイスフィッシュ」

見てよ、このギンピカのボディー、シーライスの付いたフレッシュランの太くてでかい魚体、
今年は釣行時期を早めて正解かな。

d0127888_12402135.jpg
d0127888_1242980.jpg

d0127888_137474.jpg

リーリースしてから少しステップダウンしてキャストしていると後ろに気配が、
「Hi スラバ」
「Hi グッドキャスト」
「サンキュー」

ガイドのスラバが息子と一緒に来ていました。
彼はコーラ半島でガイドをしていたそうで、フライフィッシャーです。

ほどなく次のバイトが

「フィーシュ」

イントリューダー凄いじゃん!
連続ヒットだよ。

スラバがリールのドラグをチェック
「OK!」
彼がランディングして二匹目をキャッチ。

d0127888_13511072.jpg


今回のメインタックル
ロッド ・CNDトンプソンスペシャリスト
リール・ Lamson Verocity V4
ライン ・ガイドラインDDC Connectインターミディエイトボディー、ティップ・T-14
d0127888_12475092.jpg


d0127888_19102763.jpg

オーッと少年にフィッーシュ、
ドーヨこのファイティングスタイル、オヤジ達よりキマッテルネ!
「グッドフィッシュ」
「o#o#X#X ~:~ ;」
バレちゃった~、惜しかったね。


昼食後Takeちゃんに様子を聞くと
「昨年の大物ポイントは沈黙していてなーんもなし」
「跳ねもないの・・・・」
「少し上流の対岸でイターシャが釣ったよ」
d0127888_13434218.jpg

Takeちゃんに待望のファーストヒット、
サイズ的に不満そうですが翌日にはドラマが・・・
d0127888_1392415.jpg

d0127888_12552341.jpg


d0127888_1339775.jpg

イターシャも最初の一匹をキャッチ、嬉しそう!余裕かな~

d0127888_12555761.jpg

昨年の大物ポイント、ルアーチームがメータークラスを何度もバラしたり、ロッドを折られたりしました。
d0127888_12562272.jpg
d0127888_12565338.jpg

海岸線と平行して流れる川、2キロほど下流が河口、
荒涼とした景色のなかでのサーモンフィッシングです。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-06-16 13:11 | ロシア釣行
<< カムチャッカ釣行2008・Ⅳ ... カムチャッカ釣行2008・ⅡP... >>