<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

チューブフライ

多摩川の練習仲間、通称多摩川の寅さん?からいただいたチューブフライ。
以前ポーラベアーを分けてあげたお礼にと・・・もらっちゃいました!
サーモン用のフライをタイイングするのがお好きなようで、そろそろ秋田のサクラマスキャンプ用のフライを巻き始めたようです・・・

d0127888_20525570.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-29 21:02

キャス練/B&W ノルウェ-16ft

いつもスペイキャストを練習している丸子堰堤の上流、対岸のサクラは満開!
少し風はありましたが、天気も良くてポカポカ陽気、気合の入らない練習日和で・・・
対岸の遊歩道の工事も終盤のようで工事車両もいなくなりスッキリした景色になりました。
d0127888_20164693.jpg


B&W16ftのリールシートは結局コルクを使うことにしました。
これで4インチフットのクラッシックなハーディーリールから現代ののリールまで使えます。
このロッド、カムチャッカの特大キングサーモンを相手に使うのに良さそう!
d0127888_20171727.jpg

このブラスフェースのフット、長いだけでなく幅も厚みもあるのでやっかいなのですが、なんとか納まりました。
この他にもディングレイ等のロングフットのリールがいくつかあるのですが、使うことができます・・・
d0127888_2017328.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-29 20:30

ロングフット対応リールシート

ハーディのクラッシックリールのリールシートは長いものだと4インチあります。
古いバンブーロッドのダブルフィッティングや、ポケット&リングのリールシートには使用できますが、今のカーボンロッドで4インチのリールフットを使えるロッドは皆無のようです、B&Wのリールシートが長めですがほんの少し足りません。
写真のリールはブラスフェース41/2です。
リール自体も重いのでバランスを考えると16ft以上の長めのロッドに合いそうなのでB&Wのノルウェ-16ft#DT9/10のリールシートを交換することにしました。

d0127888_21454228.jpg

肝心のリールシートはStrubleの特製シートです。
ボブ・クレイ氏が彼のバンブーロッドに使用しているパーツを御願いして分けていただきました、もちろんマット・スズキさんを介してです。
私の所有するB&Wの16ftはスタンダードタイプで、樹脂製のチープなリールシートが付いていました、いずれウッドのフィラーの入ったシートに交換しようと思っていたので良い機会でもありました。
ところが、交換作業を依頼したビルダーの三男から連絡があって・・・「マズイよ~ウッドのフィラーは無理かも!」とのこと

写真は、ロッドのブランクにシートのアルミパーツを入れた状態です。
ブランクが太くてアルミのスクリュー部との隙間が1ミリ程しかありません、つまりウッドのフィラーを作るために0、5~1ミリ厚のパイプ状に木目のきれいな木を削るのは無理かも?ってことです。
ワンサイズ太目のカーボンパイプかコルクを接着してから薄く削るか・・・・
どうしましょ、思案中です???


このようになりました!
[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-25 22:34

多摩川・マルタ

友人のTakeちゃんとイターシャがマルタ釣に来るとのことで、午後から上流に移動しました。

d0127888_22492915.jpg


残念ながらマルタの群れは確認できず、みんなで仲良く撃沈しました。
雨でも降って次の群れが上がって来るまでマルタ釣はオアズケですな。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-23 22:54 | Fly Fishing

スペイキャスト・キャス練

昨日に続いて今日も午前中はキャス練。
今日はロングキャストに的を絞って・・・
ロッドはビースト、ビースティスト、ラインはプレトリコ改、GPS改。
d0127888_21394392.jpg

プレトリコのランニング部、厳密に言うとハンドリング部分のヘッドから1m程がかなり痛んできました、常にトップガイドとこすれるわけで、磨耗してコーティングが数箇所割れていました、そこでシューティングラインを交換しました。
AKRONの新製品、エアロシューターソリッドオーバル30lb.
いままではハンドリング部分を残してシューティングラインにしていましたが今回はプレトリコのヘッドに直接繋いで見ました。
ニューモデルのエアロシューター、張りがあって滑りも良く、上々の感触です。

今日も風が舞っていました。
いまさらですが、キャスティング競技の時の風ってどうなんでしょう?
風の向き、強さって結構変化しますから不公平な要素になると思うのですが、出場するキャスターの方達は了解済みであきらめているのでしょうかね~
ちょうど良い追い風だと50メートルのマークがトップガイドから出ますが、向かい風だとラインがターンしないで落下します。当たり前のことですが、競技となると悔しいでしょうね。

三男はひとつ開眼したようです。
スタンスと体重移動です!
フォワードキャストで今まで腕だけで振っていたのですが、しっかり前後に足を開いてひざを曲げて体重移動をしてキャストするようにアドバイスしたところ、ラインスピードが格段に上がったのを自覚したようです。
50mラインキャスト(あくまでライン)の確率が上がりました。
実測50mオーバーを目指して!
[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-23 22:35 | Spey Cast

キャス練・多摩川

先日、アングロさんの練習会に出て及川氏のレッスンを受けたり、トーナメント・スペイアングラーズクラスに出場している方達と練習したりで兄弟のキャスティングに対するモチベーションが変わったようです。
自分達の技量の未熟さに気ずいたってこともありますが、ロングロッド、ロングベリーラインを自由に扱う練習が他のキャストの上達にもつながるってことです。
とりあえずコンスタントにラインで50mオーバーが当面の目標ですかね・・・・


d0127888_065190.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-23 00:21 | Spey Cast

シュリンプ

昨年のNorth Angler's誌をパラパラとめくりながら北の大地に思いを馳せている時、
シュリンプ!
シュリンプで釣ったことないな~
GPはフライボックスに並んでいますが・・・・
アメマスやサクラを釣るためのフライということですが、
餌となっているシュリンプを見て観察したことがないのに気がつきました。
色は?、サイズは?形は?ど~なの

d0127888_23505025.jpg

チョット試しに巻いてみましたが、オーム?・・・
d0127888_2351644.jpg

海老?
[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-20 00:09

マルタ・・・

今日、3時頃からチラッと東名下へキャス練に・・・
マルタを釣っている釣り人が目に付き、私もチョコッとフライを付けて・・・
一匹釣れましたがその後反応なし、隣のオッサンは簡単そうに釣ってました。
その方の話ですと、今の時期が口に掛けるのに良い遡上量だそうですよ?
一日に三桁釣るそうな?
もっと魚が増えるとスレ掛りが多くなってしまうそうです。

シングルハンド持っていってマルタ釣に嵌まろうかな~
[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-19 21:04

The Bamboo Rod /Sharps 13ft#9



昨日のキャス練に友人がシャープスの13フィート#9のスプライスジョイントのバンブーロッドを持参してくれました。
数年前にも一度使っているのですが、当時は結構重く感じたのですが・・・
インプレのダブルビルトだそうで自重はやはり重めです、サーモンサイズのパーフェクトなどの重めのリールを付けてバランスをとると良さそうです。
アメリカのバンブーロッドと比較するとトップが重くアクションはハディーのWyeにチョット似た感じでしょうか?。
d0127888_20535240.jpg

元祖スプライスジョイント?と言って良いものか、
スプライスジョイントのバンブーロッドとしてはこのシャープスが知られていると思います。
ジョイント部はスウェルになっています。
d0127888_20541047.jpg

前に紹介したリバーウォッチ、ボブ・クレイの作るロッドは中空でトップも軽めで軽快な印象でした。
シャープスのこのロッドはクラッシックなバンブーロッドのアクションだと思います。
ダブルビルドのためかパワーはありそうです。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-16 21:19

KUMA・ 熊 ・ クマ

カムチャッカは鮭の宝庫ですが、熊の宝庫でもあります。
したがってよく遭遇します。・・・・一日一回
野生の熊です。
森の中はキ・ケ・ン!!


d0127888_840347.jpg

上、最下流部、砂丘の向こう側は海です。
我々が釣りをしている200メートル程下流で、犬が下流へ走っていくので何事かと思ったら・・・
犬が熊を追い立てて熊は対岸に泳いで逃げていきました。
d0127888_841857.jpg

我々のキャンプサイトの川をはさんで向かい側・・・・
釣りに出かけて留守になったキャンプサイトにも出現したそうです。
d0127888_8412698.jpg

いままで世話になったロッジやキャンプでは必ず犬が飼われています。
熊の接近を最初に察知して、微妙な間合いで吠え立てて熊を追い払うのは勇敢な犬たちです。
d0127888_8415367.jpg
d0127888_842731.jpg

我々がランチをとっていた場所、一時間程後には同じ場所に熊が出現・・・・
[PR]
by B-R-Bros | 2008-03-15 08:43 | ロシア釣行