<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

虹鱒つり


ゴールデンウィーク!
すでに先週末から長期の休みに入っている方も多いようで・・・
そんな中の一人であるリーマンの弟、四男を誘っていつもの山梨の本流へと出かけました。
d0127888_23545229.jpg


ダブルハンド、それもスペイで釣たいので高速のインターをいつもより手前で降りて、以前から気がかりだったダム湖の流れ込みへ向かいました。
水量が多いようで、フライを流れで泳がせて釣れそうなランは2箇所ほどのようです。
餌師が一人、絶好の場所に陣取っていましたが、声を掛けて話をすると、

「地元ですか、?釣れますか?」
「ダーメだ、ハヤッコばっかりでよ!」
「ヤマメも釣れるんでしょ、でっかいのが」
「どんなもんだかな~」
寡黙な方です。
「ワシはモー帰るだからここで釣ってイイだよ」

ってことでそこを譲っていただいて、流れの頭から一度目はウェットフライを流したのですが無反応、元に戻って、もっと魚にアピール出来るフライが良いかなと思い、イエローのゼブラゾンカーを流して数投め、ターンし始めたフライが押さえ込まれました。
ググッと来て、良い感触です、ロッドが軽快でしなやかなので、魚とのやり取りを楽しめます。
ロッドはテンリュー・フェイテス・スペイシリーズ、13ft・#5/6、ラインはCND#5/6、ティップにタイプ4を3m。
柔らかいロッドですから細いティペットも使えてトラウトを相手にするにお薦めです。
ロッドの感触から尺ヤマメ!と思ったのですが魚体を見ると、虹鱒でした・・・
弟はシャケ稚魚のフライを使ってみたところ、ハヤがヒットしたようです。

d0127888_785199.jpg

d0127888_18261937.jpg

数年ぶりに訪れると川も変化しています。
以前あった吊り橋は撤去され、新しい橋になっていました。
川へ降りると別世界、このエリアは、谷が深く、人工物が目に付きにくいので好きな場所です、
川底の砂が増えているようですが流れは変わっていないようでした、でも期待したライズはなく、さらに上流へ移動することに・・・
新緑が綺麗です、この季節になると元気が出てきます。
d0127888_1284362.jpg

d0127888_23561585.jpg

堰堤上でスペイキャスト、ライズの主はチッコイ虹鱒、大型が出てくるのを期待して・・・

d0127888_23563729.jpg


d0127888_12152572.jpg

弟のマドラーにヒット・・・モンカゲ、ヒゲナガ、など大型の水生昆虫がハッチしているのですが、
それらを餌にする大型トラウトのライズには遭遇できませんでした。
虹鱒に遊んでもらった一日でした・・・



おまけ
上流域の通称溝でTakeちゃんが釣った虹鱒、今日、写真送ってきました。
魚の居るとこ知ってるからな~~


d0127888_23165668.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-29 00:05

キャス錬

2週間ぶりのキャス錬・・・
2週振らないと振り方を忘れるって!。
確かに鈍ります。
スポーツとして考えたら週に一回の練習なんて軟弱!ありえないですね!
あま過ぎます。
アスリートは毎日鍛えてますね。


B&W16ftノルウェーDT9/10にCNDコンペ、重すぎるかな~と思いきや、意外と良さそうです、ベリーはすべて出さずに後端はグリップ位置まで来ていますが。
今日は追い風、ラインで50m、いつもと変わらずかな・・・
d0127888_2193214.jpg

来週の道南釣行、ロッドは何を持参しようか。
見たことのない初めての川と海、アメマスがメイン、でもスティールヘッドも上がっているようだし、海サクラも狙うのかな、Takeちゃんは支流も攻めたいって言ってたな・・・
シングルハンド、バンブー13ft、The15、16ftも必要かな~?
イメージが膨らんで、あれも、これもと欲張るとタックルもフライボックスも増えて、荷物が大変。
絞り込まないと!
久しぶりなのでワック・ワクです!
[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-26 21:36 | Spey Cast

オ~! マルタ

今日は良い天気でしたね!、
先週ダブルハンドを振れなかったので東名下へキャス練へ・・・
先週の大雨で水が出て堆積物が流されたためか川底がきれいです。
風が強めだったので下流側から投げようと、少し下ると、なにやら瀬が騒がしいのです、水飛沫が上がっています。
もう終わってしまったと思っていたマルタの遡上がまだ続いていたようです。
d0127888_17302440.jpg

そういえば前回のマルタ釣はハズシたし~
チョットやってみるか・・・
キャス錬のつもりだったので、一番短いロッドがThe 15、ラインはスカジット650grにティップはタイプ3、リーダーはナイロン5号が3mほど付いています、明らかにオーバータックルです。5号のナイロンをカットして、持っていた中で一番細い2Xを足して、フライは??・・・
バックの中をチェックするとフライボックスがありました、が、大きいフライばかりです、なかでも小さめの#8根性フライを結んでっと、釣れるかな??
d0127888_17304628.jpg


ヒット!強烈!!The15がしっかり曲がってます。ってことは~スレです↓
瀬の中、群れの中をスイングさせると、あたりまえですがスレがかりします。
少し離れて、群れの頭に流し込むようにしたところ口にフッキングしました。、
d0127888_1731766.jpg
d0127888_17312890.jpg

しかし強烈なオレンジですね。
ジッと見ていると微妙な色合いが綺麗に見えてきます。
鱗が大きいです、アブラビレはありません・・・
[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-22 17:40 | Fly Fishing

チューブフライⅡ

土曜・日曜と風が強かったので、キャス錬をあきらめてフライを巻いていました。

d0127888_161999.jpg
d0127888_19521255.jpg


先日、ウォディントンに巻いたGPのチューブバージョン。
カパーチューブのサイズ1 1/4。
d0127888_19552332.jpg
d0127888_1955454.jpg
d0127888_1956890.jpg
d0127888_19563031.jpg

黒系はやはりはずせないですね。状況によっては必要になりますので。
d0127888_19565612.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-21 16:04

Yamame Ⅱ


d0127888_90345.jpg


尺ヤマメ

山梨の K Riv
たぶん今時分・・・
パクリ! ガッハッハ♪

More
[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-17 09:09 | Fly Fishing

Yamame

ヤマメ釣へ・・・
ライズあり!
何食ってるんだろ~~おそらくはコカゲロウ。
フライはまず#18スペントで、
ティペットは最近は使っていなかった7X、
アイにティペットがとーらない、まだ真昼間だよ?
ウッワッ~~フライは何処だ~?見えんxx

しか~し少し慣れてくるとカンも戻ってノープロブレム・・・
d0127888_0361977.jpg

やったね!スッポ抜けたり、バラシたりの後・・・
d0127888_0511045.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-17 00:53 | Fly Fishing

GP ・General Practitioner

ジェネラル プラクティショナー、スティールヘッド用のフライとして有名ですね。
d0127888_1175044.jpg


d0127888_1744255.jpg


d0127888_118372.jpg


アメマス用にサイズダウンしてグリーン系も巻いてみました。

d0127888_1183593.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-16 01:21

フライアルバム

ここのところ釣行の予定が決まったので、フライを整理したり巻いたりしています。
イントルーダー等の特大フライはプラスチックケース以外に写真のアルバムを利用して収納しています。
写真のものは無印良品のポリプロピレン製アルバム、L判ー52枚収納-158円です。
1ページに袋部分が表裏で2つあります、2個以上を一緒の袋に入れる場合は別のビニール袋に入れてから収めた方がスッキリして良いかと思います。
ダンベルアイが付いたものはチョット厚みがあるので向きを交互に変えて入れたほうが収納量は増やせます、ボックスよりゴチャゴチャにはなりにくいですし、アルバムの大きさもホイットレーのボックスサイズですので、それほどかさばりません。
ただし、ダブルフック、トリプルフック、の収納には不向きです(笑)・・・
d0127888_038226.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-15 01:04 | Fly Box

Hardy Perfect Reel 4in

Hardy Perfect 4in markⅡ。
パーフェクトと言っても製造期間が長いので製造年代によって微妙な違いがあります、そこがまたリール好きにはたまらないところなのですが・・・
渓流用のライトなバンブーロッドにも長いことパーフェクトを愛用してきています、バンブーロッドにはとてもマッチするリールだと思っています。

サーモン用には後期のエナメル仕様を愛用してきました。
エナメル塗装のモデルはリールフットが短いので今のリールと変わりなく、ほとんどのロッドに装着できます。
この黒鉛のパーフェクトは1920年頃のものでブラスのリブドフットが3,5インチありますからロッドによっては装着出来ません、と言うより装着できないロッドのほうが多いと思います。
手に入れたのは良いけれどロッドに装着できずに、リールフットを削る選択をする方もいると思います、興味をお持ちの方はそのあたり、ご注意ください。
でも好きなんですよね~この渋い雰囲気が、黒鉛の4in以上のサイズ、最近はあまり市場に出ないようです。
Mattさんに相談すると探してもらえるかもしれません・・・
d0127888_18365298.jpg

もちろん、バンブーロッドにあわせるつもりなのですがB&WとCNDの一部のロッドには装着できます。
ロッドはCNDのThe15、ありがたいことにCNDのこのリールシートには問題なく装着できました。
もうチョット渋い仕上げを期待したいところですが・・・
今期のサーモン用タックルの一つの組み合わせです。
好きな道具を使って好きな釣ができるってのは幸せなことですね~
[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-13 19:05

キャス練・GPS-12/13F Tournament hed line

春ですね~・・・・・
多摩川の川原にも菜の花が咲いていましたよ。
d0127888_214143.jpg

GPS-12/13F Tournament hed lineを使ってみました。
皆さん投げてみたいようで、独占して使い込むまでにはいたりませんでしたが・・・
合わせたロッドはM爺のB&W パワーライトスペイキャスター18ftとCNDビースティスト、
やはり100ft 約80グラムのラインですから・・・・
最初はちょっと戸惑いましたが、若干リアーテーパー部を入れて投げると投げやすい感じでした。慣れてくるとフルベリーでもいけます。
フロントは軽目でリフトし難い感じではありません、ターン性能も良さそうです。
50mラインはOK、でもそこからです。
いつも使っているプレトリコ改(27m76グラム)が軽快で飛距離も伸びるのですが・・・
そろそろ100ftヘッドを軽く投げられるようにならんと、先へ行けないかな~って感じですね。

d0127888_21261295.jpg


河内のスペイキャスター、アングラーズクラスのトーナメントキャスターお好み焼きさんのブログにもこのラインのレポがありました。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-04-12 21:30 | Fly Line