<   2008年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

支笏湖・ブラウン

秋田から道東を放浪しながら釣っていた三男のフーライマン・mitsuと多摩川の寅さん親子が一ヶ月余りの釣旅から帰ってきました。
支笏湖では寅さんの息子さんが65センチの綺麗なブラウンと遭遇したそうです。
d0127888_15163264.jpg


More
[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-31 15:17 | Fly Fishing

レオン&モルフォ

ここのところコック・デ・レオンとモルフォ・ファイバーの組み合わせに嵌まっています。
BIZENさんの影響なのですが・・・
d0127888_12141225.jpg


コック・デ・レオンは数年前に紹介された当初から使っていて、モンカゲ・ヒゲナガなど大型のフライには多用してきました。
あのマダラ模様とキラメキは独特で魅力的なマテリアルです。
ヘンハックルも入手してソフトハックルやニンフにも使っています、使いやすいのですがこちらはキラメキがイマイチな感じです。
そこで備前さんのブログで紹介されていたモルフォファイバーとの組み合わせを試したのですが・・・
繊細なキラメキが気に入って最近はドライフライにも使ってみています。

d0127888_12144677.jpg


d0127888_12461839.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-31 12:17

昨日は、以前に釣ったことのある里川へ。
チョット様子見にと川へ降りて釣り上がってみました。
d0127888_2265558.jpg


20メートルほど釣り上がったところで上流を見ると、茶色の流れが押し寄せてきます。
エ~~!天気は良いし何で~ 工事か?
d0127888_2272525.jpg

流れは濁流となってしまいました。   おしまい・・・
[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-29 22:16 | Fly Fishing

Dry&Wet


d0127888_23344650.jpg


昨年のカムチャッカ釣行の時、ライズをよく見ました。
いわゆる鮭のジャンプ、ロールではなく居着きの魚が水生昆虫を捕食するライズです。
本命がキングサーモンですから当然ドライフライなんてフライボックスには入っていません。
でも、ライズを見ると狙いたくなりますね!

今年はサーモン用フライ以外にドライフライとウェットフライを少量フライボックスに忍ばせていこうと企んでいます。
#8フックに巻いたフライ2種。
d0127888_2335523.jpg

カムチャッカでどんなフライがマッチするのか?わかりませんが

大型魚の多い「すその」でフライのテスト、ベーシックな2種類のフライのみで・・・
今日はドライへの反応が以外と良かったです。

ドライフライ、浮かせて、置いておくのが一般的ですが、
沈めて誘ってもOK、
レオンのハックルを使ったソフトハックルッぽいウエットライは太いフックを使っています、
近所の釣具屋の処分品で、
お安かったのでまとめ買いしたガマカツのウエットフックです。

そう、モルフォ・ファイバーなんてのもチョロッと入ってます。

水面下で使うつもりですが、フロータントで水面に張り付かせて使ったりもします。
ハックルフライはそのハッックルをカットしたり、
寄せてフロータントでまとめたりして形状を変化させて使う事もできて便利です。

でも、今日の感じではウィングが付いている方が比較的には反応が良さそう・・・

マッチザハッチ、マッチザストマック?・・・
魚の食性に合わせ、その季節、時間等に流下する水生昆虫にマッチするフライを選択して釣をするってことですが、
それが全てではないですね。
釣り人が多く虐められた魚や、特定の昆虫の流下に極端にセレクティブになって他の流下物は口にしなくなるケースもありますが。

この池でも#8のフライサイズの虫が目に付くわけではありません、
ライズリングはところどころに広がっています。
それらは、おそらく小さめの虫を捕食していると思われるゆっくりとしたディンプルライズです。
いつもなら小さなソフトハックルフライをパイロットフライとしてリーダーの先に結ぶのですが。

今日は#8のフライです。
大きいフライの方が魚にアピールしやすいって事はあります。

とりあえず落ちたフライに興味を持って魚が集まります。
落ちた瞬間、反射的に食いついてしまう奴。
フライの直前でやめる奴、リングが広がって一瞬銜えたかと思いますがスカッです。
フライが落ちた後チョットアクションを加えると、その動きに誘われて思わず飛びついてしまう奴。
水面直下のリトリーブに誘われて追ってきて銜える奴。
魚の反応の仕方も一様ではないですね。

魚にとっては食べるにせよ攻撃するにせよ、逃げる以外には口を使うか体当たりするかってことなのでしょう。
そういった意味でナチュラルドリフトも重要ですが、美味しそうなフライの流し方やイラッとさせるフライのアクションなど、魚が口を使いたくなるようなフライの動きも重要な要素だと思います!

d0127888_23352170.jpg

止水ですが、50を超える体高のあるレインボーは4Xを切っていきます。

d0127888_23353343.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-28 23:42

スペイキャスト・還暦過ぎても!


d0127888_9181777.jpg
d0127888_9222446.jpg


今日は皆さん用事でもあるのか・・・来ませんね。
M爺と二人でお昼過ぎまでフリフリ・・・・
M爺は64歳、入れ歯をはずしていると老けてみえますが、(笑)
後姿は若々しいです。
スペイキャストをされるフライフィッシャーはキャリアの長い方が多いようで、
必然的に中高年から上のおじさん達の比率が高くなりますね。
M爺の愛用ロッドはB&W・PS18ft。
この一年程はこのロッド一本で多摩川のボラ、コイ、スズキ相手の釣りからキャス練までこなしているそうです、特にトラウトや鮭へのこだわりはないようで、なによりもキャスティングが大好きだそうです。
使い込んだエメラルドラインはコーティングが剥がれてブレイテッドがむき出しになっていました。
自宅から多摩川の間もマウンテンバイクで通っています、タフな爺さんです。
私も還暦まであと少し、爺さんの仲間入りです・・・・
足腰のしっかりしている内にやりたい釣りをやらないと、釣りバカ人生を終われませんね!

本日はビースティストにXLTコンペ、GPS#12/13、プレトリコ#11/12改で投げてました。
調子は上向きで良くなっているようです。
プレトリコの飛びが相変わらず良く、今日はラインで60m近く出ました。
もちろん絶好の追い風で、ラインもヨレヨレですが・・(笑)
GPSのランニングラインを変えて様子をみようと思います。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-25 09:19 | Spey Cast

キャス練・東山湖

d0127888_21541646.jpg

富士山頂に沈む夕陽、刻々と変化して、とてもドラマティックで綺麗でした!

d0127888_21543482.jpg


午後からキャス練しようと思って・・・
多摩川東名下まで30分ほど。
東名高速に乗って東山湖まで1時間ほど、マ~イイカ、行っちゃえ~
空き空きでした。
5時過ぎあたりからフライは私だけ、入れ食いで、ピックアップしようとすると魚がかかってしまうのです。
魚の写真は八千穂レイクと比較すると見劣りするので撮りませんでした。
d0127888_21544685.jpg


キャス練の方は、前アンカーからのシュートです。
フライを付けての実釣時、バックにフライを取られないように、特にロングキャスト時には注意が必要です。
いつものキャス練の調子でやると、アンカーはつい、後ろ気味になってしまいます。
バックスペースが十分にあれば問題ありませんが、バックスペースのない場所が多いですから、後ろのループを小さく、桟橋にフライを取られないように・・・


d0127888_21551181.jpg


今日の収穫はなんと言ってもこの夕陽。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-21 21:57 | Spey Cast

八千穂レイク

d0127888_10564141.jpg


八千穂レイクは千曲川の支流、大石川上流部の八千穂高原にある人造湖です。
仕事の関係で蓼科まで行ったので、帰りがけに峠を越えて遊んできました。

d0127888_10132186.jpg

d0127888_1021912.jpg
d0127888_102455.jpg
d0127888_1054143.jpg
d0127888_1064281.jpg
d0127888_1071717.jpg
d0127888_10881.jpg


千曲川水系大石川、私の若い頃はヤマメの川として知られ、何度か足を運んだ記憶があります、その大石川の上流部にある人造湖で冬は凍結してしまうようです。
八千穂レイクは今年の4月にオープンしたばかりでキャッチ&リリース中心の管理された釣り場です。
お立ち台の桟橋が出来て、満水状態、桟橋はチョット小さめでスペイキャストでもかなり前アンカーで投げないと後ろにフライを取られてしまいます。
思いっきり投げてリトリーブで釣ろうと思っったのですが、反応はイマイチ!
ライズがあったのでドライフライを投げると、ゆっくりと大型レインボーがフライを銜に頭を出します。
結局ドライフライでの釣りになりました。
最初にキャッチしたレインボー、ヒレピンで綺麗なピンクの側線とシルバーのボディーに惚れ惚れと見取れてしまいました。
グラマーな別嬪さんが多いようです。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-20 10:08

スペイキャスト・腰痛だろうと・・・

相変わらずのキャス錬、続けています。
それぞれ目標とするキャスティングスタイルは違うようですが、それなりに上達していると思います。
d0127888_2053367.jpg

綺麗なループで力みのないキャストを目指すH君
タイトで綺麗なループでキャストできるようになっています、50mキャストまでは後?メートルですが・・・
体格からすると飛ばせるはず!
d0127888_20534587.jpg

腰痛に悩みながらもロングキャストしないではいられない四男、コルセットをして頑張ってます。

昨日、テレビで砲丸投げの室伏選手のトレーニングの映像をチラッと見たのですがかなりの優れた身体能力をお持ちのようです。
例えばこのような優秀なアスリートがフライキャスティングをしたらどうでしょう?
今日、久しぶりにB&Wのスペイマスターを使いましたが実に強いロッドで私の筋力では思うように曲がりません。
もし室伏選手がスペイキャストをしたら、こういうロッドも軽く扱ってかなりの距離を投げてしまうのだろうと思います!
ヤッパ最終的には筋力が必要ですね!
今日は仲間でランニングラインの話になったのですが・・・
プレトリコの改造ラインにアクロンの30ポンドをつけたラインなのですが、すべりが良くて、とりあえずのシュートではかなり距離が出ます。追い風だとターンもするし50mマークもロッドの先へと出て行きます。しかし風に弱く、向かい風だったりするとまったくターン性能が落ちてしまいます。
以前Motoさんにも指摘されたのですが、ランニング部の抵抗があってループは展開するってことですが、抵抗が大きすぎても良くないでしょうし、トーナメントでは風の向きによってラインを変えたりしているのでしょうか?

シューティングラインも種類が多いですし、モノフィラかPVCか、太さは?等悩みますね。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-17 21:33 | Spey Cast

忍野のヤマメ

d0127888_22211857.jpg

どうにも釣りたくなってお昼過ぎに忍野へ向かいました。
以前と変わりない自衛隊橋の下流のプールで少し遊んで・・・
こんなに大きな木あったかな、なかったはずだけど!

成長したんですね!
川は変わらないように見えても、この場の時間は過ぎていました。
d0127888_21585278.jpg

見つけたライズをしつこく狙って釣ったヤマメ、フライを3回くらい交換して・・・
#22・白のスペントに出ました。
d0127888_21591815.jpg

イブニングのフラッタリングに出たヤマメ。
6時過ぎからライズが始まって、今日はヤマメばかり釣れました。
ヤッパ、ライズを前にすると興奮しちゃいますね!

少し流速のある場所の方が釣れます、フラットなゆるい流れではフライを見切られます。
何度かリリースされた魚はかなりセレクティブで、そういった魚をあえて狙う面白さもあるとは思いますが・・・
イブニングも流速のある場所だったのですが小型のカゲロウを捕食しているようで#20以下の小さいフライの方が反応は良かったようです。
もちろん大型のヒゲナガパターンで大型トラウトを狙うにも良い時期です。
日没まじか、#8くらいのカディスのフラッタリングへの反応も良かったですが、今回、大物は釣れませんでした・・・・
d0127888_2159346.jpg
d0127888_21595178.jpg

自衛隊橋の上のカーブ、ライズに嵌まってますね~。
今日見かけた釣り人は7人ほどでした。
[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-14 22:17 | 忍野

ロシア釣行


今年のロシア釣行が迫ってきています、
今年の川は昨年行ったカムチャッカのPYMTA川に決定しました。
時期が昨年より2週間程早くなったのですがそれがどのように影響するか・・・
一ヶ月程後には熊の出る、カムチャッカの辺境の地でキャンプしてます。

天候に恵まれますように!
魚が上がっていますように!
無事に帰ってこられますように!
ただ祈るしかありません、祈りたいことはたくさんあるのですが。
そうです、肝心な事、
私に魚が釣れますように!スティールとキングの特大サイズが!!^^; ・・・・
d0127888_19181830.jpg
d0127888_19183898.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2008-05-12 19:28 | ロシア釣行