タグ:Fly Reel ( 41 ) タグの人気記事

WALKER BAMPTON 4in

d0127888_1225199.jpg


WALKER BAMPTON 4in、サーモンリールです、
ハーディーのstジョンをワイドにしたようなシンプルなサーモンリール。
ショートヘッドスペイライン#9/10を巻いてあります。

d0127888_12251368.jpg

kern 26mm 1.9
絞り開放から絞り込んだ状態、絞りの効果が良く解りますね。


d0127888_12252466.jpg


絞り具合、背景との距離、光の状態、によってグルグルボケの出方が変わります。


d0127888_12253850.jpg


イメージサークルが狭いので絞り開放から四隅がケラレています。
絞り開放だとピントがほんとに浅くて、
ピントを合わせたリールセンターのラッチカバーにしかピントがきていません。(上から2番目)

ジャジャウマレンズです。目が回りそう!

d0127888_12255018.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2013-03-16 13:21 | 写真&カメラ

ST GEORGE







d0127888_2230897.jpg



この地金の質感はモノクロームでもイイかな。





d0127888_22373188.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2013-03-02 22:31 | 写真&カメラ

Raised Pillar

d0127888_8543170.jpg

古いレイズドピラーリールです。
真鍮にニッケルメッキのようですが、
擦れてメッキが落ちて、ところどころ地金がうっすらとみえています。
ラインサイズは#2/3あたりになります。

レイズドピラーリールはピラー部を外側につけることで、
ラインキャパの割りに小ぶりなボディーにデザインできるメリットがあるそうです。

d0127888_856446.jpg

レンズ Pen F 40mm f1.4


下の写真42mm f 1.2 、と比較すると、ハイライトのにじみやクモリも少なく、
比較的まともに使えそうなレンズです。
42mm f 1.2 のレンズはレンズ内部に若干カビ、クモリがありましたので、
その影響もあるかもしれません?。

d0127888_9384751.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2013-02-10 08:56 | Fly Fishing

sage4560

d0127888_20231771.jpg



久しぶりにリールを購入、
Sage 4500シリーズの4560。

使ってみたくてお寺へ・・・
最初にチャートのフライを銜えたのが大きなロックトラウト、
60くらいありそう、で、いきなりのリールファイト。


ビンテージリールを使うことが多いのですが、
Lamsonのリールは数台使っていて、今回も迷ったのですが・・・

Sageのリールも評判の良いリールですから、
目先を変えて見ました。

軽くて軽快、カーボンロッドとのバランスは◎!

d0127888_2024447.jpg

最初なのでロッドもSageと組み合わせてみたりして、
ちなみに890SP。

ラインは6.5m、270gr+インタミティップで。

d0127888_20261682.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2012-12-11 20:26 | Fly Rod

リール修理/PFLUEGER MEDALIST

PFLUEGER MEDALIST 1492と1394。

お盆休みです。
釣りに出かけようと思って渋滞情報をチェックすると、
高速道路は30キロとか、40キロとかの渋滞、
リールの修理でもしてみようと思い、気になっていたフルーガーを取り出してみました。

汚いリールですが、メダリストとしては初期型で今では意外と見かけません。
どちらのリールもハンドル部分が変色変質して粉々になってしまいました。
症状が出始めたのは数年前ですが、
気がつくとセンターのシャフトから青錆が出て、その影響のようですが、
手でハンドルを回すとボロボロに砕けてしまいました。
ハンドルの素材は何なんだろう?

d0127888_16142412.jpg

シャフトがネジ止めだと簡単に直せますが、
スプールにカシメて止めてあります。
ハンドルを新たに付けるにはここを外さないと無理かな?
しかし、このカシメ部分は、単純ではありませぬ、
アルミスプールに直接ではなく二重になって止めてあります、
チョット手に負えないと思って修理せずにきたのですが。
d0127888_16143948.jpg

カシメ部を外さないとしたらシャフトの頭からハンドルを入れるしかありません、
直径が3、5ミリ程、なんとかなるかな?!

用意したのが、ハンドルにする三文判の印鑑、と頭が大き目の真鍮釘、
以前、この印鑑でハンドルを作ったことがあるので、
長さを合わせてカットし、シャフト径にあわせて内径を広げました。

頭をカットしたシャフトのセンターに1,5ミリの穴を開けます、
アレレッ、センターが微妙にズレちまったぞ、
ハンドドリルでの作業につき、マァ仕方ないか・・・
d0127888_16145612.jpg

真鍮釘をカットして、シャフトに開けた穴に入るよう先をヤスリでシコシコ削って、
キチットやるならネジ山を切ってネジ止めにすれば良いのでしょうが、
正確に作業できる道具もないので、接着剤を使って組み上げました。

d0127888_16151312.jpg


ハンドルとシャフトがくっつかないように、
接着剤の量に注意して・・・

d0127888_16154367.jpg


オ~、とりあえず、使える状態に戻りました。
ハンドル引っ張っても抜けないし、スムースに廻ります。
完成!・・・でも、使うかな?(笑)

d0127888_16155917.jpg


追加画像

もう一台の1394の方もついでに、
やる気のある時でないと手が動かないので(笑)

フェース面だけ磨いてきれいにして、
こちらは太軸のハンドルにして、シャフトの先を細く削って、
ビーズをシャフトの頭に付けました。
ハンドル部はビーズが半分ほど埋まるように、
先の部分だけ穴を広げてあります。

d0127888_16445335.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2011-08-12 16:16 | Fly Fishing

チープなタックル Ⅱ

以前にチープなタックルとして布袋竹のフライロッドとナイロンレベルライン、
フライはマチ針フックのフライを使った釣りをUPしました。

僕がフライフィッシングを始めた頃、カーボンロッドは高嶺の花、
オービス、ウィンストン等は高級ブランドで手が出せませんでした。
若くて貧乏、でも情熱は人一倍、
クラフト好きもあって、安く上げるためには手を動かして自作する、
これが楽しめて、手っ取り早いのですね。

当時からロッドのブランクやキットも販売されていて、
キラクのバンブーロッドのブランクはカーボンロッドのブランクよりはるかに安値でした。
もちろんブランクを購入して組み上げました。

国産のグラスロッドは完成品でも安く、
最初に購入したフライロッドはキラクの振り出し式のグラスロッドでした。



d0127888_23484819.jpg


この4ピースロッドは自分で組んだロッドですが、
フライロッドのブランクとして販売されていたものではありません。
近所の釣具屋の店頭にダンボール箱に入れて一本2~3百円で売っていた投売り品、
メーカーが竿として組む前のグラスブランク素材、おそらくB級品、
フライロッド用というわけではありませんでした。
 
何か面白そうと思い、束で買ってきてフライロッドに仕立てたものです。
自分で作ったロッドは愛着も増すもので、
黒光りしたグリップやリールシートの傷をみると結構使い込んだようです。


ブランクはテープの後が残ったまま、いわゆるアンサンドフィニッシュってやつ、
スコットのグラスロッドみたいで僕好み、
バットとトップで微妙に色合いも違っていましたが、

フェルールがないブランクだったので、
フェルール用のブランクを犠牲にして、スピゴットフェルールにしました、
と言うか、スピゴットフェルールにしか出来ない状態のブランクでした。

このロッドは6ftの4ピースですが、長さも、この長さにしか調整できませんでした、
2ピースも作ったのですが、所在不明でどこに行ったのか。
d0127888_23534011.jpg

リールシートは木工をやっている友人が木工旋盤を持っていたので、
興味を持って削ってくれました。
オイルフィニッシュのリング&リングになってます。

2ピースのほうはスコットのグラスロッドを真似て内側にスリーブも入れたように記憶してます。

リールはフルーガーやマーチンのリールが安値。
このプログレス1774はフレームが真鍮でメダリストよりも重いのですが、
安値でお気に入りでした。

d0127888_23554584.jpg


こちらのリールはスポーツクラフトと言う刻印の入ったリール、
シェークスピアにも同じようなリールがありますが、
ブリキの玩具のような風合いが気に入っていて手放せないリールです。

当時使っていたフライはピーコックボディーのパラシュートフライ、
夏の岩魚釣りはほぼこのシステムでした。
千曲川水系には良く出かけました、
金峰山川の岩魚たちは今も元気で世代交代を繰り返 しているのだろうか・・・
[PR]
by B-R-Bros | 2011-08-11 13:22 | Fly Rod

MADE IN ENGLAND

英国製のリール、
サイズは3インチほど、

はっきりとした素性はわかりませんが好きなリールなので
パソコンデスクの横の本棚に飾ってあります。

ブランドやスペックと関係なく心引かれるデザインってありますね。
#3ラインが巻いてあるので最近は出番がないのですが、
来週あたり使ってやろうかな♪
d0127888_0445022.jpg

スプールのドラム部分はブラスのワイヤーが渡してあり、
ミッドアーバ?で、通気性も良くなっています。
[PR]
by B-R-Bros | 2010-12-10 00:49 | Fly Fishing

オートマティックリール


最近はこの手のリールを使っているのを見かけたことがありません。
僕も使っていないのですが・・・

このリールはブルドックマークの刻印が入ったフルーガーリール。

d0127888_1903483.jpg


d0127888_18542363.jpg

何がオートマティックなのか?
リールの中にスプリング(ゼンマイ)が入っていて、
ラインを引き出す時に、そのスプリングが巻かれ、
ラインを回収する時にレバーを握ると・・・


d0127888_9301899.jpg

スプリングの力でスプールが回転して自動的にラインを回収するってわけです。
d0127888_2149451.jpg


ロッドに対して水平に取り付けるタイプが多いようですが、
通常のリールと同じ、縦に取り付けるものもあります。



d0127888_18545267.jpg


グラスロッドとともに普及したようで、
いかにもアメリカ的なリール?

復活したりして・・・
d0127888_20525415.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2010-09-08 21:42

パーフェクトスタイルⅦ / Ogden Smith 31/4

パーフェクトスタイルのリールは意識して探してみると以外にもたくさんありますね!

かつて、ライカのコピーカメラ、
偽ライカに興味を持ったことがあります。
銘機といわれるものはやはり完成度が高く、真似られるのが宿命なのかもしれません。

Ogden Smithのトラウトサイズ、31/4
スプールの穴が大きく、スプール側からみるとパーフェクトには見えにくいですが。


d0127888_2214423.jpg


d0127888_22224487.jpg





d0127888_23112944.jpg

[PR]
by B-R-Bros | 2010-06-24 23:13

パーフェクトスタイルⅥ / FAROW REGAL 3 1/2"



A FINE SCARCE FAROW REGAL 3 1/2" EXTRA WIDE (1 7/16" ARBOUR) DRUM 3 PIECE PERFECT PATTERN REEL. WIT HITS PATENTED DRAG/BRAKE SYSTEM. STAMPED TO WINDING PLATE REGAL C FARLOW & CO LTD LONDON, PATENT 33988.




d0127888_22363122.jpg
d0127888_22364852.jpg

このリールも一見するとハーディーのパーフェクトのようですね。

でも、ロックネジを回してスプール、フェースプレートをはずすと、
まったく別物!
まるで発想の違うドラックシステムです。

ファーローもハーディーと同様に英国王室御用達の釣具店でした、
ハーディーとライバル関係にあったのか、
独自のパテントを持ったリールがあり、独創性を感じさせます。
d0127888_22371075.jpg


スプールをロックする逆螺子の形状がまろやか、たかがネジなのですが。

こんなドラックシステム、初めてです。
フェースプレートに円形のブレーキシューでテンションをかけて調整するのですが、
強弱の圧力をどのように調整しているのか、
仕組みが一見理解しにくいのです。
d0127888_2238688.jpg

ユーノックタイプかと思いきや、ギアの方にボールベアリングが付いています。
d0127888_22383169.jpg


スプール側にある機構、言葉では説明しにくいのですが、
この部分で圧力の調整をしています。
d0127888_22385332.jpg


ドラムブレーキと言ってよいものか、結構強く利きます。
時々キーキーと音を出すのもバイクのドラムブレーキのよう・・・
[PR]
by B-R-Bros | 2010-06-06 18:32